注意欠陥多動性障害(ADHD) HDの意味と特徴

投稿日:

前回は、ADHDのAD(注意欠陥)について記載しました。

注意欠陥多動性障害(ADHD) ADの意味と特徴

今回は、HDの多動性についてです。

保育の現場では、じっとしていられない子、衝動的に走り回る子など日常茶飯事です。

注意欠陥多動障害は7歳前後(学校入学前後)にわかることが多くあります。

なぜ7歳前後なのかと考えますと、幼児教育でのシュタイナー教育「七年周期」の考えのように

7歳くらいになると、第1段階の成長期も終わり、思考力・感情のコントロールが磨かれる第2期に入り

言動でのほかの子との違いに、周囲の大人が気づきやすくなることが理由だと思います。

a0001_013143

HDの意味とは

注意欠陥多動障害(ADHD)のHDとは

Hyperactivity Disorderの略。

Hyperactivity(ハイパーアクティビティ)・・・活動過剰

Disorder(ディスオーダー)・・・障がい

一般的に突発的な行動が多く、また持続的な行動が多いとされています。

 

多動的な行動とは

「多動」という言葉を、このサイトでは使用しますが、「過活動」とも言われています。

多動的行動の特徴

  • みんなと同じように、絵本の読み聞かせを座って聞くことができない。
  • ちょっとしたことで、すぐに叩いたり噛み付いたり、乱暴な行動をする。
  • やってはいけない行動を、衝動的に抑えきれない。
  • 感情のコントロールが難しく、大声で叫んだり泣いたりする。

これらが多動的行動の特徴とされています。

これらの特徴が大人になってからも続くかというと、そうではありません。

発達障害の程度にもよりますが、成長するにつれ、子どもの時のような多動的行動は目立たなくなります。

ただ目立たなくなるだけで、座っていても机の上を指でトントン叩いたり、ペン回しをしたり、貧乏ゆすりをしたりと静的な多動に移行する場合があります。
そして、ADHDと診断を受けたからといって、必ずしも多動的な行動が表れるわけではありません。

ADHDの方の中で、ADD(Attention-Deficit Disorder):不注意優勢型に当てはまる方は

多動的な行動は少ないのですが、記憶が難しかったり、うっかりミスが多かったりと、注意欠陥の方が目立ちます。

ADHDの中でも多動優勢型・不注意優勢型・混合型の3つの分類については、別の記事に紹介したいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-注意欠陥多動性障がい, 発達障がい

Copyright© 知ってほしい!障害児保育 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.