「 andrew616の記事 」 一覧

2015/5/23

「子どもが一人でお着替えできない」を解決したい

「うちの子 2歳なのに  一人で全く着替えようとしないんですよ」 と相談されたら、あなたはなんと答えますか?   根気と褒め方が重要「お着替え」 身辺自立を目指す上での難関の1つ「ひとりでお着替え」 前回の記事の「排泄」と同じように、失敗と成功を何度も繰り返しながら 徐々にできるようになるものです。 よく言われる目安ですが 2歳:自分で着替えようとする気持ちが芽生える 3歳:1人でお着替えができるようになる 4歳:保護者のマネをして、服を自分で畳もうとする 5歳:面倒くさくなり服を脱ぎ散らかしは ...

2017/9/2

「早くおむつを外したい」身辺自立の指導の難しさ

障害があっても、障害がなくても、子育てをしている保護者の方々から一番多く質問される内容が【身辺自立】について。 身辺自立といっても、一つひとつの行動を上げると多岐にわたりますが、相談内容で多いのが 「着替え・食事・排泄」の3つ 保護者の皆さんや私も含めてそうですが、「自転車に初めて乗れた時」「掛け算の九九を覚え方」などは自分の経験を話すことはできますが 「どうやって自分で着替えられるようになった?」「いつトイレで排泄できるようになった?」など身辺自立ができた時のことなんて覚えてもいませんので、「こうやった ...

2015/5/16

障害を持つ子どもをどう理解するべきか?

まず、我が子に何らかの障害があると診断を受けた場合、親としてどのような心構えが必要になってくるのでしょうか? 障害を持つ子を本当に理解していますか? 生まれてから元気にすくすくと育ってきた我が子が、ある日突然「お子さんには障害があります。」と言われて、動揺し狼狽えない親はいないと思います。ですが、少しでも早く気持ちを落ち着かせ、我が子の持つ障害を受け入れて下さい。そして、障害をよく理解してください。 私がこれまで出会ってきた子どもの保護者をみてみると、確かに自分の子どもの特性はよく理解をされていると思いま ...

2015/5/15

我が子の自閉症を見分ける3つのポイント

自閉症は行動特徴から診断されます 自閉症は脳の機能異常とされていますが、手術中の麻酔を同様、はっきりと脳のどの部分に機能異常があるのかなどは解明されていません。 身体的な特徴や外見でも判断することができず、また脳波や血液検査のような医療的検査や心理学検査などでも明確な診断を行うことができません。 診断は、その子の人や物への接し方や関わり方で診断が行われています。 ですので、保護者の方ですと特に最初のお子さんに自閉症の傾向が表れても、見落としてしまい早期対応ができなかったという例もあります。 ちょっとした違 ...

2015/4/24

ADHD(注意欠陥多動性障害)とワーキングメモリ(作業記憶)

ADHD(注意欠陥多動性障害)で、特に不注意優先型のお子さんを対応する場合に覚えておくと良いのが「ワーキングメモリ」です。 作業記憶とも呼ばれ、私たちは無意識にワーキングメモリを使って生活しています。 例えば、会話は、相手が話した内容を一時的に脳に記憶し、記憶した内容に合わせ返事をしていますので、「ワーキングメモリ」という機能が人間になければ、会話など全てのことをメモしなければならなくなります。 暗算や考え事などは、何気にワーキングメモリを使っています。 ワーキングメモリの容量を観察する ADHDの場合 ...

2015/4/22

障害受容の過程(プロセス)を知る 障害児を持つ保護者の気持ちを理解するために

保育園や幼稚園の先生が、保護者に対して子どもの「障害」について触れることのポイントについて以前、記事を掲載しました。 保護者に障害を伝えることの難しさと方法 保護者に障害とはどんなものかと伝えること   今回は伝えた後について触れたいと思います。 前回の記事でもお伝えしたように、保護者にとって我が子への「障害の告知」は本当に車の正面衝突なみの衝撃があります。 我が子には「こんな大人になってほしい」「私たちと同じように(または)より良く成長してほしい」という願いや想いが一気に変えられるますので 我 ...

2015/4/19

虐待を受けた子への影響とケアに思うこと

2歳児のS君は、体も同じ月齢の子どもと比べると小さく、表情も乏しく、 自閉症スペクトラムか発達障害を疑われています。 入園したての頃は、園児にも先生とも上手く馴染めませんでした。 周りの人とは全く関わりを持とうとせず、あまり食事もとろうとせず ただそこに存在だけしているような子です。 そのSくんに大きな影響を与えたのが「虐待」です。 若い両親からネグレクト(育児放棄)を受け、児童相談所に引き取られました。 乳幼児に対しての虐待は、心と体に多大な影響を与えます。 虐待が及ぼす影響は? 虐待を受けた子どもには ...

2015/4/16

「もしかして障害があるかも?」相談はどこにすればいいの?

我が子に「もしかして障害があるかもしれない」っと、ふと頭によぎる場面があります。 近所の友だちと遊んていたり 同じくらいの年齢の親戚の子どもたちと集まったり 上のお子さんがいて、お兄ちゃんやお姉ちゃんが小さい時と比べり 「障害があるかも?」っと感じた場合、どこに相談をすればよいのでしょうか? 一旦、頭によぎってしまうとモヤモヤとした気持ちが、ずっと心の中に残る時があります。   ずっとモヤモヤしていると自分にも、我が子にも良い影響はあたえません。 「自分の子に障害が」なんて信じたくもありませんが ...

Copyright© 知ってほしい!障害児保育 , 2018 All Rights Reserved.