「関連情報」 一覧

2015/3/30

保育所と幼稚園 違いは何?

兄の子どもが3歳になった頃、「保育園と幼稚園はどっちに通わせるの?」と尋ねた時 「まだ3歳だし、保育園しか通えないじゃん」って言われました。 いやいや、そういうのもじゃないんですよ! 確かに私たち兄弟が通った保育園と幼稚園は、同じ事業所(お寺)が運営していましたので、2歳から保育園で4歳から自動的に幼稚園に通っていました。 ですので、4歳からしか幼稚園には通えないと思っていたようです。 兄と同じように保育園って何?幼稚園って何歳から?と思われている方もいるかもしれません。 今回は、保育園と幼稚園の違いにつ ...

2015/4/2

4月2日は世界自閉症啓発デー ブルーライトで世界を照らす

世界自閉症啓発デーと発達障害啓発週間 お恥ずかしながら、私も今年まで全く知りませんでした。 毎年4月2日は、国連も定めた「世界自閉症啓発デー」なんです。 平成19年(2007年)12月18日の国連総会で、カタールの王妃より提案があり 4月2日が世界自閉症啓発デーにすることに決まり、世界全土で自閉症への理解を啓発するための運動が行われます。 そして、4月2日から一週間を発達障害啓発週間となります。     どんなことをやっているの? 日本でも自閉症や発達障害への理解を啓発するために、シン ...

2017/1/12

障がいに隠れる障がい

はっきりと見えない障がい 障がいが障がいに隠れていることがあります。 これまでに体験した中では、肢体不自由児の対応をした時のことでした。 肢体不自由のYくんは、車いすに乗っていました。 四肢の欠損による肢体不自由ではなく、脳内の運動機能を統括する部分に障がいがあり 上手く歩いたり、腕を使うことが苦手でした。 肢体不自由児には、よくあることですが動きや移動に制限があると、それが原因で様々な面で「経験不足」となり、精神的な発達が遅れていることがあります。 人との関わりや、体を動かすことでの体験が少ないので、そ ...

2015/3/17

叱る・止めるの基準をつくる

学校や幼稚園・保育園での叱り方を統一させることは難しいものです。 「教師や保育士の全員が連携し、一体となって子どもたちと接する」とよく言われますが できそうで、なかなかできないものです。 では、どのように行うことが大切なのでしょうか?   ケースカンファレンス(事例検討)の重要性 叱ると止めるを統一させる 自閉スペクトラムがあるGくん。 こだわりの行動もあります。 卒園式でのこと、Gくんは在園生として卒園式に臨みました。 卒園式の練習の時、卒園式では必ず歌う曲の終わり Gくんは必ず両手で太ももを ...

2015/3/13

子どもの脳の発達は未知数

ある児童がが発達障害と診断を受けた時 例えば「3歳(3年)ほどの遅れがあります」と言われたとします。 そうすれば、その児童は5歳の時には2歳程度、10歳の時には7歳程度の発達をしていくのでしょうか?   子どもの脳の発達は未知数 子どもは「奇跡の宝庫」 苦手なことを克服するには、大人の場合ですと「これまでのトラウマ」「苦手意識」が邪魔をして、なかなか克服することができません。 しかし、子どもは苦手なことをいとも簡単に克服することが多々あります。 嫌いなトマトが食べられた 自転車に乗ることができた ...

2015/3/24

ダウン症児について 21トリソミーと3つの分類

幼稚園や保育園で「ダウン症」があるお子さんが通園することが最近は多いようです。 ほかの障がいとは違い、ダウン症児を受け入れている園は多いようで、その他の園児とも 仲良く遊ぶことができているようです。 いつもニコニコと笑顔があり、ちょっとオチャラケた性格の子が多く「ダウン症は天使」 とも言われています。 顔や体型などの外見的な特徴が表立って、ダウン症にどんな特徴があるのか、よく知らな い方も多いようです。 15年近くで出生率が倍増した「ダウン症」ですので、まだ受け入れた経験のない園でも 今後は受け入れる機会 ...

2015/3/10

【子どもの褒め方】困ったときの魔法の言葉「ありがとう」

障害児の子どもたちは、あまり褒められた経験があまり多くありません。 一般の保育園や幼稚園に入園・編入した子は特にです。 そして、最近では褒めることが苦手な大人が多いのも事実です。 タレントの関根勤さんのように「褒め上手」なら良いのですが そんな褒め上手な方はあまりいません。 では、どんな声掛けが良いのでしょうか? 「褒めて伸ばす」にこだわり過ぎて 褒めることが苦手 1年で最後の保護者会の時に、参加していただいた保護者の皆さんに 「今年1年間で、お子さんの褒めてあげたいところは何でしたか?」と尋ねたところ。 ...

2015/3/8

障害児保育 インクルーシブ(統合教育)は危険!?

インクルーシブ(統合教育)を希望される保護者の方は年々増加傾向にあります。 保育園や幼稚園に従事されている方は、そのことを実感されていることでしょう。   危険を避けるためには ここで保護者の方にお伝えしたいことがあります。 編入先の保育園・幼稚園はしっかりと下調べをしてください   インクルーシブ教育で、特別支援学校の幼稚部などに通っていたお子さんが 突然、一般の保育園に編入されます。 保護者の方から話を伺うと 「健常の子どもたちと一緒に生活を共にしたほうが、より社会性が育むことがで ...

Copyright© 知ってほしい!障害児保育 , 2018 All Rights Reserved.