「発達障がい」 一覧

発達障害について

2017/5/1

発達障害児の就職や仕事について正しい知識を早く知っておくべき

通級学級でも特別支援学級でも目指すところは将来の生きるための将来像   最近、新しい本の中で面白い本を見つけました。 発達障害の子どもたちのためのお仕事図鑑 <その他の発達障害児のための新刊書籍はこちら >   保護者の方には、何度か話をさせていただく 厳しい現実的な話なんですが   障がいがある子にとって、就職や仕事は健常児と比べ、早くに考え・悩むべきことです。   なぜ、こんな話をするのかというと 現実として、保護者がその子の人生をずっと見守り、生活を支えること ...

2015/5/23

「子どもが一人でお着替えできない」を解決したい

「うちの子 2歳なのに  一人で全く着替えようとしないんですよ」 と相談されたら、あなたはなんと答えますか?   根気と褒め方が重要「お着替え」 身辺自立を目指す上での難関の1つ「ひとりでお着替え」 前回の記事の「排泄」と同じように、失敗と成功を何度も繰り返しながら 徐々にできるようになるものです。 よく言われる目安ですが 2歳:自分で着替えようとする気持ちが芽生える 3歳:1人でお着替えができるようになる 4歳:保護者のマネをして、服を自分で畳もうとする 5歳:面倒くさくなり服を脱ぎ散らかしは ...

2015/4/22

障害受容の過程(プロセス)を知る 障害児を持つ保護者の気持ちを理解するために

保育園や幼稚園の先生が、保護者に対して子どもの「障害」について触れることのポイントについて以前、記事を掲載しました。 保護者に障害を伝えることの難しさと方法 保護者に障害とはどんなものかと伝えること   今回は伝えた後について触れたいと思います。 前回の記事でもお伝えしたように、保護者にとって我が子への「障害の告知」は本当に車の正面衝突なみの衝撃があります。 我が子には「こんな大人になってほしい」「私たちと同じように(または)より良く成長してほしい」という願いや想いが一気に変えられるますので 我 ...

2015/4/16

「もしかして障害があるかも?」相談はどこにすればいいの?

我が子に「もしかして障害があるかもしれない」っと、ふと頭によぎる場面があります。 近所の友だちと遊んていたり 同じくらいの年齢の親戚の子どもたちと集まったり 上のお子さんがいて、お兄ちゃんやお姉ちゃんが小さい時と比べり 「障害があるかも?」っと感じた場合、どこに相談をすればよいのでしょうか? 一旦、頭によぎってしまうとモヤモヤとした気持ちが、ずっと心の中に残る時があります。   ずっとモヤモヤしていると自分にも、我が子にも良い影響はあたえません。 「自分の子に障害が」なんて信じたくもありませんが ...

2015/4/13

保護者に障害とはどんなものかと伝えること

前回の記事では「保護者に障害を伝えることの難しさと方法」という内容で掲載しました。 今回はその続きです。 保護者に障害を伝えることの難しさと方法   伝える内容・伝えられた内容 障害≠病気 障害があるお子さんが新しく入園する際に、保護者の方と話をしますが、1割2割の保護者の方で「もう少し大きくなれば治る」というような話をされる方がいます。 あたかも我が子の状態は、【病気=治療や訓練により完治する】と。 実際に脳疾患による両上下肢に障害があり、車椅子で園生活を送るYくんを担当した際に、 保護者の方 ...

2015/4/13

保護者に障害を伝えることの難しさと方法

4月にもなり、新しい園児が入園する時期となりました。園児も保護者も、先生方もワクワクドキドキし、またちょっと大変な時期でもあります。 園生活を通してながら、先生方も「あれっ?」という違和感といいますか、なんとも言えない何かが目と心に引っかかるような気持ちになる時があります。 『・・・・この子、もしかして何か障害があるかも』 違和感を保護者にどう伝えるか? 先生方の経験から来る違和感 もちろん、保育士も幼稚園教諭も医師ではないので、障害を診断することなんて出来るはずがありません。しかし、これまでの経験則とし ...

2015/4/6

反応性愛着障害(RAD)とは? 行動障害の1つで 現代ではその数も増えている

反応性愛着障害(Reacitve Attachment Disorder)は 保護者との関係の歪みに基づく子どもの行動障害のひとつで、DSMの障害分類です。 反応性愛着障害とは? あなたも聞いたことがあると思います 「虐待を受けた子は、自分の子にも虐待をする」 これは反応性愛着障害を持ったまま、大人になり我が子にも、同じような行動を繰り返してしまう事例が多くあるからです。 愛着障害では、長期にわたり保護者から虐待やネグレクトを受け、愛着(アタッチメント)を正常な方向に向けることができず、対人関係を構築する ...

2015/4/2

ただの不器用ではありません 発達性協調運動障害です

話し方もしっかりしていて、騒々しく動くような気になる行動もなく 周りの子たちともちゃんと仲良く馴染んでいるのに 朝、園に到着してからのお着替えに一人だけ時間がかかったり ハサミやのりを使うことがとても苦手だったりする子がいます。 毎年、1人くらいは入園してくるような気もしますが 「ちょっと不器用な子だなぁ・・・着替えは早めに声をかけようかな」と考えてしまいます。 幼稚園や保育園の先生方なら、そんな経験はいっぱいあるでしょう。 もしかしたら、その子はただの不器用ではなく『発達性協調運動障害』かも・・・ 発達 ...

Copyright© 知ってほしい!障害児保育 , 2018 All Rights Reserved.