「早くおむつを外したい」身辺自立の指導の難しさ

投稿日:

障害があっても、障害がなくても、子育てをしている保護者の方々から一番多く質問される内容が【身辺自立】について。

身辺自立といっても、一つひとつの行動を上げると多岐にわたりますが、相談内容で多いのが

着替え食事排泄の3つ

保護者の皆さんや私も含めてそうですが、「自転車に初めて乗れた時」「掛け算の九九を覚え方」などは自分の経験を話すことはできますが

「どうやって自分で着替えられるようになった?」「いつトイレで排泄できるようになった?」など身辺自立ができた時のことなんて覚えてもいませんので、「こうやったら出来るよ」と子どもに教えることが、なかなか難しいんですよね。

しかも、自分が排泄の時はどんな事に注意してるかなんて、あまり気にもせずにやっていますからね。

では、子どもに教える時には、どんな事に注意しながら教えると良いのでしょうか。

身辺自立の大きな壁「排泄」

排泄の教える時のポイント

最近は「おむつ外し」を幼稚園や保育園にまかせてしまう保護者の方も多くなりました。
日中は園でトイレトレーニングを行い、自宅ではおむつ生活をしてしまう。

これだとあまり意味がありません。

園にお願いするのであれば、保護者自身もしっかりとトイレトレーニングを行うべきです。
あくまでも保育園や幼稚園は「子育てを支援する場所」であり、その子の育児をメインで行う場所ではありません。
子育ての中心は保護者と我が子が一緒に生活をする場です。

トイレトレーニングを行う時のポイントをいくつかお伝えします。

①信じること

まず、一番大切なことは「この子はできると信じること」

おむつが外れるタイミングは、個人差があります。
同じ月齢のあの子はできたのに、うちの子はできていないと落胆せずに
うちの子もできると信じ、しっかりトイレトレーニングを一緒に行いましょう。

②おむつが少しでも汚れたら、すぐに取り替える

おむつの製造メーカーの方々の研究の成果ですが、昔のおむつと比べると、最近のおむつは吸収率も吸水量も増え
一回ぐらいのおしっこだと、子どもたちもあまり気持ち悪がりません。

しかし、この「気持ち悪い」と感じることが、トイレトレーニングには重要なんです。
【おむつに出したら、気持ち悪い⇒気持ち悪くなる前に、トイレに行かなくちゃ】という気持ちが芽生えます。

おむつをどんどん取り替えると、もったいないと思う気持ちもわかりますが、ちょとでも気持ち悪いということを我が子に伝えるためにも
少しでも濡れたり、汚れたりした時にはすぐに取り替えましょう。

最近、『布おむつ』を使用する保護者の方もいるようですね。布おむつは、子どもたちも出してしまうと、すぐに気持ち悪いと感じますので
布おむつは洗濯など大変ですが、トイレへの移行がとても簡単です。

③決まった時間に、トイレに座り続けてみる

トイレトレーニングが進んでくると、午前10時・午後0時・午後2時など時間が決まってきます。

決まっていなくとも1時間おき2時間おきと、試しに定期的にトイレに促してみましょう。

そして、子どもをトイレに座らせると「でない!」と言ってきたりしますが、もうちょっと座らせてみましょう。

ある程度(2~3分程度)座らせてみると、意外と出たりします。

もし出た時には、これはチャンスと思い、子どもをしっかり褒めましょう。

褒められたことで「トイレで出すことは良いこと」という考えになりますし、なにより褒めることは子どもの自尊心を成長させます。

④怒らない

おねしょをしたり、トイレトレーニング中におむつの中に出してしまっても、怒らないようにしましょう。
「失敗したけど、次は頑張ろうね」など声をかけ、「次は失敗しないぞ」という気持ちにさせましょう。

怒ってしまうと、トイレや排泄に対する恐怖感も出てしまい、無理にトイレを我慢し、本当に我慢ができなくなり漏らしてしまう子もいます。
そうなると悪循環です。

できた時に褒め、できない時は励まして、次のトイレへの意欲につなげましょう。

⑤クセを見逃さない

トイレトレーニングを始めたばかりの頃は気づきませんが、段々と失敗を重ねてくると、その子のトイレサイン(予兆)が見えてくるようになります。

予兆が見えたら、すぐにトイレに促すようにすることが重要です。

私の息子の場合は、突然前触れもなく、意味もなくその場に座り込んでいましたね。

意外とわかりやすい予兆で助かりました。

⑥トイレは楽しいところ

トイレの構造上、どうしても家の端の方に配置されてしまうトイレ。

ちょっと暗かったり、慣れない時はトイレに行くのが怖かったりします。

ですので、トレイを明るくするようにしたり、壁面構成(壁に絵を貼ってみたり)をし、トイレは楽しい所なんだと
子どもたちも自分からトイレに行きたくなる工夫も大切です。
簡単ですが、トイレトレーニングを行う時のポイントを6つあげてみました。

保護者の皆さんは大変だと思いますが、根気強く「うちの子はできる」と信じ、お子さんと一緒に頑張ってください。

 

自閉症の子に教えるときの注意点

自閉症の子を園内でトイレトレーニングを行っていた時の失敗談なんですが

定期的にトイレに促す時には、いつもお部屋の近くのトイレに促していました。

段々とその子もトイレに慣れてきたなと感じていたんですが、散歩中の公園のトイレや講堂(みんなが集まる広い部屋)の近くのトイレだと全くトイレが出来ませんでした。
出来ませんというよりも出ませんでした。そして、限界まで我慢をして漏らしてしまっていました。

自閉症の子は、環境が変わることに敏感です。そして嫌がります。

ある特定のトイレでしか排泄が出来ないというのは、トイレトレーニングの成功とは言えません。

園内でトイレに促す時に、たまには職員用のトイレに連れて行ってみたり、講堂の近くのトイレに促してみたりと、色んなトイレに連れて行ってみるようにしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-関連情報

Copyright© 知ってほしい!障害児保育 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.